夜に納豆を食べて肌荒れ改善!

近頃、肌荒れがとても気になります。赤みが出てしまったり、乾燥して痒くなったり…。

誰に見せるわけでもないのですが(笑)、自分で鏡を見たときに、「あぁ、歳をとったなぁ」と実感して悲しくなります。

今までケアをサボってきたツケがきているのでしょうか。

ラントゥルース

それに、おでこやアゴには吹き出物も。ついつい爪で掻いてつぶしてしまい、さらに悲しくなるのです。

肌荒れには、納豆がいいと聞いて、最近毎日のように食べています。

現に、納豆を若い頃から食べ続けている主人は、肌荒れで悩んだことがないらしいのです。

そこで、納豆にはどのような効果があるのか、調べてみました。

まず、納豆に含まれている栄養素は、こちらです。

・タンパク質
・脂質
・炭水化物
・ビタミンB
・ミネラル
・食物繊維

この中で、肌荒れに良いとされているのは、ビタミンB/タンパク質/食物繊維です。

ビタミンBは、睡眠中に、肌を修復してくれます。そのため、納豆を食べるのは夕飯時が良さそうです。

タンパク質は、髪や皮膚の元となる成分です。新しい細胞を作るのに必要であるため、タンパク質が不足すると、肌荒れの原因になります。

また、便秘が吹き出物の原因になることもありますよね。食物繊維は、便秘を改善してくれるので、吹き出物を防止するのに役立ちます。

納豆のネバネバに含まれているナットウキナーゼは、血の巡りをよくしてくれます。熱に弱いので、加熱せずそのまま食べるようにしましょう!

納豆が、やはり肌荒れに良いということがわかり、安心しました!これからは、夜、加熱せずにそのまま、納豆を食べることにします。