30代になって、化粧好きになる

若い頃から肌が綺麗だねと同性からも異性からもよく言われていました。http://toricho.daa.jp/

自分でもそれなりに自信もあり、私は大丈夫と変に確信しており、肌のお手入れなんか自分には不要とほとんどしたことがありませんでした。もともとめんどくさがりというのもあり、クレンジングと洗顔はするものの、風呂上がりに諸々塗るという行為はほとんどしてませんでした。

そんないい加減にしていても、肌の調子は変わらずいい感じでした。しかし、30代突入で、いっぺん。それまですっぴんと化粧後との差がほとんどなく、化粧する意味ってなくない?

と調子に乗っていました。でも気づいたのです。化粧すると全然違う自分の顔。自分の親にさえ、久々にすっぴんを見せた日、あら、あんたそんな顔だったかと笑われたことがありました。すべすべだったはずの肌は、乾燥でカサカサ。今までなかったはずのシミがあちこち出現。見つけた時にはもう遅かったです。

あれよあれよという間に、シミは大きくなり、同時にコンシーラーで隠すスペースは多くなってきました。今までの自分、調子に乗ってたやつ、大馬鹿野郎、、と何度も嘆きました。でももう一度ついたシミは消えません。だから、若い方。若いからと言って調子に乗ってはいけません。今だけ、本当に若い時だけ。歳をとると、その反動でシミシワは出てきます。どうか気をつけて。