30代の乾燥肌

20代の頃は、肌のケアをしなくてもうるおいのある肌を保っていたので、よく周囲から「肌が綺麗だね」と褒められていました。スキンケアは、お風呂上がりに化粧水を少し塗るだけ。20代の肌にはそれで十分でした

ラントゥルース

しかし、30代になると状況は変わりました。肌が乾燥しやすくなり、ちょっとした刺激で痒くなるなどの肌トラブルに悩むようになりました。特に季節の変わり目には目元や口元が乾燥し、化粧をするのが辛いほどでした。20代の頃と同じ人間の肌とは思えないほどの変わりように、毎日が憂鬱でした。

乾燥する肌を変えようと色々なスキンケアグッズを試しました。例えば、導入化粧水、セラミド入りの美容液、高級な保湿クリームなどです。乾燥肌には保湿が大切。そう考え、「うるおう」「しっとり」などキャッチコビーのつく商品があればすぐ試しました。

しかし、そんな努力も虚しく相変わらず肌は乾燥していました。購入したスキンケアグッズでは肌の改善が全く見られなかったのです。

そんな時、とあることに気が付きました。必要なのは保湿することではなく、そもそも肌が乾燥する原因を取り除くことではないか、ということです。

そこで、クレンジングをやめることにしました。クレンジングに含まれる化学物質が肌の乾燥を引き起こすことに気がついたからです。そのため、化粧もクレンジング不要の石鹸で落ちるものに変えました。

すると、ひどかった乾燥肌が徐々に良くなっていきました。必要なのはスキンケアグッズではなく、肌が乾燥する原因を取り除くことでした。今では、美容液やクリームなどを塗らなくてもうるおいのある肌を保っています。