乾燥肌と敏感肌の悩み

お肌の状態としては、春と秋は比較的かさつくことは少ないですが、夏と冬は要注意です。http://www.reteenafest.com/

夏は冷房の風が顔の同じ部分に当たり続けるとその部分が乾燥して痒くなります。そして痒いてしまうと赤くなってヒリヒリすることがあります。

また、冬になると部屋の湿度が下がるので一段と乾燥しやすくなります。冬もかさついて痒くなり、赤くなることがあります。

それと合わせて敏感肌だと化粧水やクリームは何でも良いわけもなく、無添加など痒くならないものを選ばなければなりません。

化粧品を選ぶ際には、とにかく試さなければ使えるのかが分からないので肌に合わないと試供品がないものは余らせてしまうことが多くなるのが難点です。

一方身体の乾燥は膝から下や肘などが乾燥しやすい箇所です。

冬に入浴した後にボディークリームを塗っておかないとカサカサしてしまいまいます。

特に秋から冬にかけての急に気温が下がった時にかさつくようです。

一年を通して気をつけなければいけないことは、冷房や暖房にしろ同じ部分に風を当て続けないようにすることです。

会社でなかなか座る位置が変えられない場合は苦労しました。

そして敏感肌なのでかさついて痒くなることを何とか防ぐことです。

年齢が上がるにつれ肌の水分量が少なくなると言われるので、化粧水やクリームなどの保湿には充分気をつけなければいけないです。