身体の内側に注目したダイエット法

近年、年齢性別問わず関心の高いテーマといえば、ダイエットである。
普通に生活しているだけで、目に入らない日はないというレベルで世の中に情報量が溢れている事も関心が高い証拠だろう。
筆者も実際色々なダイエット法を試しては挫折し、たまに成功かと思えばすぐに元に戻りという負のループを何度も経験している。

http://www.isfg2019.org/

そんな挫折経験者の筆者が今回おすすめしたいダイエット法がある。
無理な運動や、無謀は節制はせずに、自分の身体のもともともっているチカラによって健康的な身体を手に入れるという
まさに身体の内側に注目したダイエットになる。

方法は簡単。空腹の時間を16時間設けるだけというシンプルな内容。
例えば仕事や学校に通っている方であれば、お昼12時~夜20時までをなんでも食べてよい時間と設定し、20時~12時までは断食。
実にシンプルである。断食というとハードルが高いように思うが、寝てる時間も含めて16時間だから以外と難しくないというのが感想。
自分の生活のリズムに合わせて時間を設定できるので無理がなく、ストレスがあまりかからない。

ただし、あくまで健康的に、自分自身の身体のチカラで不要に取りすぎているもの、貯めすぎているものを排出する事で
健康な身体を作り、太りにくい体質、理想的な体重になっていくというものなので、
モデル体型を目指したいとか、足だけ痩せたいなどという方には向かない方法になる。

大人になると体重がなかなか落ちないのが現実だが、今回筆者は2週間で-3キロ。インパクトの少ない数字だが、
体感的に身体は軽くなり、便通もよくなる事でポッコリお腹がましになった。
年齢を重ねてなんだか身体が重く感じるなとか最近なんだか体調がすぐれないなというような方には是非試してほしいダイエット法であるといえるだろう。