虫歯や歯周病と口臭の関係

「虫歯にならないよう気をつけておくべきことは」

虫歯になってしまうと辛いものがあると思いますし、こういった事はやはりいろいろな食事の生活などで、手を抜いて生活をしているとそういうことになってしまうのではないかと思います。今の時代はちゃんと歯磨きをしていれば虫歯になるということはほとんどないわけですから自分の自己責任が原因なのではないかと思っています。

そんな時に虫歯を対策していく上でどのような方法があるのかと言うことを探しておきましょう。

虫歯とは正式名はう蝕といい

口腔内には多くの細菌が存在し(口腔常在菌)、この中には多くの原因菌が存在する。う蝕を引き起こす最も重要な菌はストレプトコッカス・ミュータンスであるが、細菌の量や種類によりう蝕の進行速度が変わる。

http://www.safran-de-lectoure.com/

う蝕原性菌、食物残渣、唾液は結合し、歯垢(プラーク)となって歯に結合する。歯垢の付着は、臼歯の咬合面の溝や、全ての歯の歯肉縁、歯科修復材料と歯の境において最も顕著である。このため、歯ブラシだけでは清掃は不十分となり、歯間ブラシといった器具を用いて清掃する必要がある。歯垢は時間とともに成熟し、バイオフィルムとなり、洗口液が無効となる。

う蝕は感染症であり、その予防は歯垢の除去と糖分摂取の管理によって成し遂げられるため、これを知る教育が重要である。しかし、極めて有病率が高いう蝕は、教育だけで十分に防ぐことは難しい。

「豆しばという犬のキャラクターはどうなのか」

食事をしようとすると、豆を使用した料理の中から「豆しば」が突如現れ、品が良いとは言い難い豆知識を披露するという30秒CM。2008年3月1日から放映開始。豆しばの声優は、当時5歳の女児が担当した

というものであり、このようなゆるキャラクターもかわいいものがあるんじゃないかと私は思っています。やっぱり癒されると思いますしこういったキャラクターを作っていく姿勢と言うのは良いことです。