紫外線の浴びすぎでできるのはシミだけでない⁉

いつものように、メイクをしていたある日のことです。

ふと首元に手をやると、何か、ざらつく?ような…?

よーく首を鏡で見てみると極々小さな、肌色の突起がプツプツといくつも!

そうです。アスハダの効果を徹底検証!

私の首イボとの初めての遭遇です。

そのころ、私は30歳の誕生日を少し過ぎたところでした。

もうエイジングケアに力を入れる時期ということに気づかされたのです。

とにかく、以前ネットの記事などで見たことがあったので、これはイボではないかと確信を持ちながらネットで情報を集めました。

皮膚科医監修の記事にたどり着き、特徴から恐らく首イボだろうと確信を持ちました。

しかし、通院して除去するほどひどくはないと感じ、ひとまず首イボができる原因の欄を読んだところ、「紫外線などによる刺激」という記載がありました。

そういえば、私は10代のころから顔と首には欠かさず日焼け止めを塗ってきたのに、この1年ほどは仕事の忙しさにかまけて、首にUVケアを施すことを怠ってしまっていたのでした。

とにかく、これ以上の悪化は防がなくてはと思い、すぐにストックすることすら止めていた日焼け止めを購入し、毎日首に塗るのを忘れないようにしてから1年が経過しましたが、悪化はしていないようです。

日頃のケアを怠ってはいけないと強く感じた体験でした。